Experience

今やパターンの世界においてもデジタル化は当たり前、2D(平面)だったものが3D(立体)へ進化しています。
3Dの技術はさらに進化し、3Dモデル(アバター)を使うことでこれまで必要だったトワルやサンプルなどの物理的な製作工程が削減され、発注側、製作側双方の負担が大幅に軽減されることになりました。

リアルタイム プレゼンテーション

平面(2D)と立体(3D)の大きな違いは、変更結果が瞬時にシミュレートされるため変更内容を3D衣装ですぐに確認できること。
開発の段階でシルエットやフィット感をチェックし、デザインとパターンの品質・精度を向上させて洗練されたサンプル製作を可能にします。

プロセスの合理化

全体のイメージだけでなく、色展開・グラフィック配置・用尺確認機能等を使用して、余計なコストをかけることなく無限の可能性を探ることが可能です。
通常のリードタイムよりも早くスタイルを完成させ、原価計算も含めたプロセスを合理化できます。

オンラインでの確認

オンラインで画面共有をしながら打ち合わせが可能です。
ご来社いただかなくても、通信環境さえ整えば日本国内はもちろん、海外からでもリアルタイムプレゼンテーションをご覧いただけます。

サスティナブルなパターン

私たちは単に便利だというだけでパターンにデジタル技術を導入しているのではなく、適正なものづくりによって持続可能な社会が実現されると考えているからです。
ムダ・ムリ・ムラのない適正なものづくりこそが相互の関係に余裕を与え、豊かな感性が生まれ続けることで技術も伝承されていくと私たちは考えます。

Scroll to Top